航天機電が2018年党と群衆幹部能力向上訓練キャンプを成功裡に開催

出所:航天機電発表時間:2018-06-12 閲覧量:56770

6月8日から10日にかけて、習近平の新時代思想を貫き、航天機電の党と群衆幹部能力の理論レベルと業務能力をさらに向上させるため、 下部の単位に対する調査の結果を結びつけて、2018年党と群衆幹部能力向上訓練キャンプを開催しました。各単位と本部からの党組織書記、労働組合会長、支部書記、総計70名以上の方が訓練キャンプに参加しました。この訓練キャンプの担当は、航天機電の労働組合会長兼党群部長の許卓でした。


開会式では、航天機電党委員会の趙海雅副書記が動員演説を行いました。彼女は、この訓練キャンプは、中国共産党の第19回全国代表大会と習近平の新時代思想を貫き、「五厳五融五化」パーティーのビルディング運動を促進し、党の各組織の業務能力を向上させるためです、と発言しました。彼女は、すべての参加者が4つのオリエンテーション、学習成果の実践に焦点を当てるべきであることを要請しました:問題指向、目標指向、責任指向、および効果指向4つの原則を堅持して学習能力と業務能力を向上させます。彼女は、すべての党群の幹部は、仕事の効果を向上させるために、政治建設と仕事のやり方の構築、パーティーのビルディングの責任制度の実施、イメージの強化という3つの要点を把握しなければなりません、と強調しました。


このクローズド集中トレーニングは3日間続きました。党群部組織部の副部長黄暁典さん、華東理工大学教授楊蘇さん、上海ラジオ新メディア運営部長蘇萌、内部の支部書記董華さん、509所党委員会書記曹継玉さんなどの専門家と学者がキャンプに招待されました。彼らは、すべての学生に、党支部を改革する作業の中で、「下部党支部の業務実践」、「理想と使命に関する思考」、「文書作成スキル」、「6ステップ法の適用」、および 「中国共産党の第19回全国代表大会の報告書の詳細な解釈」を講義しました。先生たちは、自分の経験を元に、理論を実際と結び付けて、分かりやすく面白い言葉で、学生たちを魅了しました。


集中訓練に加えて、学生のグループディスカッション、成果の共有、ナレッジコンテストやパーティーのビルディングの典型的なケーススタディも実施されました。包括的競技の結果によると、上位の3名が選出され、会社の幹部によって授与されました。ゲスト審査員は素敵なコメントをしました。党群部組織部の副部長黄暁典さんは、航天機電の今回の集中訓練は、政治的属性とサービス機能の組み合わせ、問題指向と効果指向の組み合わせ、思考と実践の組み合せ、現状と計画の組み合わせを実現しましたと評価しました。 509所党委員会書記曹継玉さんは、航天機電の今回の集中訓練は、形式も特色も効果も素晴らしく、今後も責任の強化、政治建設、規律建設、方法の革新、能力の向上などの5つの側面から努力し、政治、文化、利益、心理、業務の5つの側面に焦点を当てなければなりませんと評価しました。


航天機電の労働組合会長兼党群部長の許卓さんは、過去の3日間で、皆は機会を大切にし、各活動に積極的に参加し、互いの交流や研究を行い、予定された学習課題をうまく完成させ、 予想効果を達成しましたと、この訓練キャンプをまとめました。それは主にい以下の3つの側面です:1つ目はコースが合理的で組織が効果的であること、2つ目は内容が豊富で形態が多様であること、3つ目は学習スタイルが厳格で効果が明らかであること。


航天機電の会長兼党書記の張建功さんが、最終演説を行いました。彼はこの集中訓練の成功を肯定し、お祝いを表明しました。彼は、党群組織は会社と従業員の橋渡しであり、矛盾を調停する潤滑剤であり、改革を促進するブースターでもあります、と言いました。フォローアップ作業のために、彼は3つの要件を提出しました:第一は、勤勉に勉強して実践して、業務能力を向上させること、第二は、主なビジネスに焦点を当て、懸命に働くこと、 第三は、センターに融合し、全体の状況に対応し、開発を促進すること。彼は、全員に、状況をさらに理解し、仕事を明確にし、学んだ知識を仕事の実践に適用し、勤勉に働き、会社に忠誠を尽くし、包括的改革を促進し、会社の「3つの確保」の目標の実現を促進すること、を呼びかけました 。


文/写真 徐悦雯 張穎穎




参加者の記念写真




開会式




会長兼党書記の張建功さんの最終演説




党委員会副書記の趙海雅さんの動員演説




楊蘇教授が講義中




研究と交流




ナレッジコンテスト




ケースショー




審査員のコメント




幹部が優勝チームに賞を授与