航天機電が反腐敗教育運動を行う

出所:航天機電発表時間:2018-11-15 閲覧量:78971

徐匯区地区検察院の楊検事が、学習の手配をする


学習シーンを見学


し、反腐敗防止教育の適切性と有効性を改善し、主要幹部の廉潔認識をさらに高め、腐敗の防衛線を強化するため、 航天機電の党委員会、規律検査委員会本部、上海神舟新エネルギー、システム支部の幹部と60人以上の主要職員が、徐匯区人民検察院クリーン政治教育基地に赴き、党のクリーン政治教育を受けました。。


まず、基地説明者は、肯定と否定の二つの側面の典型的な事例から進み、党の幹部を廉潔になるように教育しました。輝かしい模範もいれば、栾一軍、孫亦軍などの「反面教師」もがいました。昨日の同志は今日の犯罪者、見学者の心に強く衝撃を与えました。検察院の楊検事は、「政治」、 「経済」、 「名誉」、 「家庭」、 「家族」、 「自由」、 「健康」 7つの側面を通じて、見学者に深遠な教育を施しました。模範の行為、犯罪者の懺悔、貪欲のコスト、リスク予防などの教育から、見学者は過去の教訓を取り、信念と人生の価値をさらに強化しました。。


続いて、見学者は教育フィルムーー「権力と責任」を見ました。教育フィルムは制度の遵守、監督管理の実行、信頼感と監督の違い3つの側面から、典型的な事例を示し、幹部の腐敗と犯罪事例を披露することで、反腐敗の重要性を伝えました。幹部や労働者も鮮明な警告教育を受けました。


見学の後、楊検事は見学者と話し合いました。党委員会の張建功書記は、皆に、模範に学び、反面教師を戒めとし、自分の修養を向上させ、調達、販売、プロジェクト管理において厳格な管理をし、反腐敗の道徳的な防衛ラインを構築し、制度と思想の両方の側面から常に反省し、航天機電の年末利益目標の実現を促進するよう要求しました。