航天機電が様々な形式で第3回中国宇宙飛行日を慶祝

出所:航天機電発表時間:2018-04-24 閲覧量:1218

4月24日、第3回「中国宇宙飛行日」の到来を歓迎するために、航天機電およびその子会社が一連の祝賀会を開催しました。


航天機電本部では、盛大な掲揚式が行われました。壮大な国歌では、掲揚式に参加した従業員が制服を着用し、霧雨の中で、国旗と社旗に目礼し、一緒に中国の宇宙飛行産業への希望を表明しました。


航天機電党委員会の趙海雅副書記は、皆を率いて、再び入党のときの宣誓をし、皆に初心を忘れずに邁進することを呼びかけました。


社長の呉昊さんが動員演説を行いました。演説の中で、彼は、航天機電の従業員全員に、歴史を振り返りながら宇宙飛行の精神を引き継ぎ、継承の実践において絶えず革新徹底し、勇気を出して問題と困難に直面し、同社の「3つの確保」の年次目標の実現を促進するために全力を尽くすよう、呼びかけました。


航天機電の子会社もまた様々な祝い活動を行いました。上海神舟新エネルギー会社、太陽エネルギー会社、連雲港神舟新エネルギー会社が掲揚式を行いました。内蒙上航新エネルギー会社とSDAAC会社が従業員の特別宣伝映画視聴活動を組織し、従業員に中国の宇宙飛行産業の困難な過去と偉大な業績を振り返らせました。


また、太陽エネルギー会社はオープンデーイベントを開催しました。その科学教育基地は、ペトロチャイナ上海セールス支社の宝嘉党支部の党員を接待しました。


掲揚式に参加した一人の従業員は、小雨が降っていましたが、誰もが情熱に満ちていたと言いました。彼はまた、今後の仕事では、宇宙飛行の精神をさらに継承し、誇りと使命感を高め、年次目標の達成に向けて自信と勇気を持って努力しますと言いました。



航天機電本部での盛大な掲揚式




呉昊社長の動員演説




趙海雅副書記と会議参加者の二度目の入党宣誓




太陽エネルギー会社のオープンデーイベント




内蒙上航新エネルギー会社が中国の宇宙飛行産業の偉大な業績を回顧