航天機電は「初心と使命忘れず」603根源つきとめという集合研修を主催した

出所:発表時間:2019-06-05 閲覧量:368

飛天の道で、夢を支える。空に心を向け、山奥に魂がある。2019年4月28日には、航天機電党委員会本部、自動車電子、システム支社の党員、統戦対象の代表、中堅従業員の代表、入党積極的者の代表、青年代表が合計102人で、雨の中で安徽広德603基地を突き止め、「初心と使命忘れず」集合研修を参加しました。

「航天源」として、603基地はわが国の一番旧い航天発射場の一つ、中国上空観測ロケットの発祥の地であり、党員研修にとって重要な意義があります。皆さんは「一冊の本を読む」「一つのショートフィルムを見る」「一回の展覧会を回る」により、基地の内在的な歴史と航天従業員の初心使命を理解し、航天従業員の先輩たちが山奥にロケットを作り、荒野で国のために身をささげるような精神を実感しました。「入党誓詞のかみしめ」により、理想と信念を更にかため、航天で国のために身をささげる志向をかためました。最後に、「一曲讃歌の録音」により、航天機電従業員は情熱を込めて、「私と私の祖国」を歌い、「フラッシュ」という形で党と祖国への熱愛を表し、党と祖国に真心を込めて祝福を捧げました。

簡単の文字で、歴史を銘記する;不朽の精神は、永遠に続く。研修参加者は全員、初心と使命忘れず、自分の職場に立ち、航天精神を引き継ぎ、航天技術民用産業の発展のために力になると表しま